| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

and I love you.


Let me feel I am still alive...
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

|| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
追記で。
 
 
 
うん。
いろいろは、追記で。




  
続きを読む >>
|23:15| ♭ (atashigoto) | - | - | posted by kaori* - -
あけたら、そこには

お休み明けの一日は、忙しさであっという間に終わってしまった。

疲れと眠気といろいろで、からだはぐったり。

今、ひたすらお笑い観てます。

ふふーっと笑える彼らがすきさー*

 

|20:37| ♭ (atashigoto) | - | - | posted by kaori* - -
いつか、消えてしまっても、
 
 
今、一冊の本を読んでいます。

こどもにあったばかりだから、余計に
胸が苦しくなることも多いけれど。

知っていなくてはいけないことのような気がして。
一枚一枚めくっていくページに書かれた現実に、
いろんな想いを、めぐらせます。


また、読み終わったときに紹介します。


 
|21:56| ♭ (atashigoto) | - | - | posted by kaori* - -
大切をつなぐ。
 
 
ひたすらしゃべった数時間が、
何よりも大切な時間に変わる。


友達の子供に逢うのは1年ぶりで、
前は生まれたばかりで泣くことしか知らなかったのに
この1年の間に、笑顔を知って、言葉を覚えた。

最初はむーっとした顔を崩さなかったけれど、
ずっと笑いかけ続ける変なお姉ちゃんが楽しくなったのか、
やっと笑ってくれたとき、幸せな気持ちで心が満たされていくのを感じた。

サンドウィッチを差し出す手はちいさくて、
それを受け取るとにこっと笑う。
ママがパパに電話をしている間、繋いだ手はあったかくて
それに浸っている間もなく、私の手はどんどん引っ張られていった。

エスカレーターもどんどんのぼってく。
体の半分くらいある階段を、よいしょ、と
懸命に足をあげて登ってく。
足をぐんと伸ばすたびに入る力が、つないだ手から伝わってくる。
ちいさな手が、ちいさな命が、いとしいと思う。


目線を合わせたくてかがんだわたしに、両手を伸ばした。
抱っこ、と。ちいさい子どもを抱っこしたことないわたしにねだる。
両脇をもって、そのままあげれば大丈夫だよ、と
友達が教えてくれる。
彼女も、すっかりママだ。

抱き上げたからだはやっぱりあったかくて、思わず頬を寄せた。



かわいい、だけじゃ子供は育ててはいけないけど、
いろんなものを我慢して、それでも守りたいものがある
何より大切なものがある。
久しぶりに会った彼女は、凛と背筋を伸ばしていて、
とても、かっこよかった。
母は強し。そんな言葉が、なんとなく浮かんだ。





それから中学校の同窓会へ行った。
変わってたり、変わってなかったり。
いろんなひとがいたけれど、みんなで笑い合える
今でもこうやって繋がっていられる、
わたしはこの仲間がすごく好きだと思った。





 
|17:47| ♭ (atashigoto) | - | - | posted by kaori* - -
本日のスープ。
 
今日はスープをつくりました。
こないだ友達が泊まっていったときに教えてくれた、
"中華料理の素"みたいなのを使って。

ぐつぐつと煮込んで待つこと数分。
味をつける前の、やわらかくなったお野菜の匂いがわたしはすきです。

冷蔵庫にあったあまりものの野菜+買ってきたキノコを加えて、
ほんのり優しいスープができました。
簡単だけど、おいしかったです*


一日ひとつでも、何かを作ることで優しくなれる。
自分で作ったものを食べられる幸せ。
ひとつずつ、ひとつずつ、積み重ねて。
やさしい人になりたいです。



 
|22:31| ♭ (atashigoto) | - | - | posted by kaori* - -
| 1/5 | >>
LATEST ENTRY
ARCHIVE

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.